By admin

どこで学ぶことができる?心理学の学び方ルート


1.大学または短期大学の心理学専攻

大学や短期大学には心理学を専攻する学科が設けられているところがあり、そこでは座学を中心とした心理学を勉強する機会が設けられています。短期大学の場合は期間が短いものの、心理学の基礎を学ぶことができるところがメリットです。また大学の場合は心理学の基礎だけではなく教育学科、人間福祉学科、社会福祉学科などの分野に特化した心理学を専攻できる学科があるので、より専門的に勉強することができます。そのため短期大学で心理学の基礎を勉強した後、大学でより専門的に勉強するというルートもあります。

2.通信教育を利用した独学

大学や短期大学に通っている時間がないという場合に利用されることが多いのが、通信教育を利用した学び方です。こちらは自宅で空いた時間を利用して勉強を進めることができる点がメリットとされているほか、心理学に関連した資格取得を目指すことができるため、趣味はもちろん就職を目的として利用する人も少なくありません。ただ通信教育は全て通信の教材だけで勉強するというわけではなく、夏休みなどの長期休暇には講習が行われることもあるので、そちらを利用してより心理学に関する知識を深めている人も多いです。

主に社会人が利用している心理学の学び方として人気があるものの、続けていく意思がないと中途半端になってしまうというデメリットがあります。そのため、通信教育で心理学を学びたい場合はきちんと学び続けられる環境を整えることが大切なポイントになっています。

心理学の大学では、心理だけではなく統計学も学びます。多くの人の心理データを集計するには、専門的な統計学が必要になるからです。心理への関心に加えて、数学的な興味関心、資質が求められます。