By admin

理解したうえで有効活用!ファクタリングのメリットとデメリット


ファクタリングのメリット

時期やタイミングによっては事業資金を心配するケースも出てきますが、比較的簡単に資金調達ができる手段として、ファクタリングが注目されています。ファクタリングとは、売掛金などの債権をファクタリング会社に買い取ってもらい、手数料を差し引かれた金額を債権回収期限前に現金化できる仕組みです。この方法は、特に資金繰りが厳しい中小企業や個人事業主に利用されています。

ファクタリングのメリットは、比較的短期間で資金が手に入ることです。ファクタリング会社によっては、午前中に申し込みをすると同日中に入金対応してくれるところもあるようです。また、売掛金などの債権が実際にあれば、赤字の会社や信用力が乏しい個人事業主でも利用できるメリットがあります。そして、銀行から融資を受ける場合と違い、ファクタリングをしても信用情報に影響することはありません。この点は、近い将来、融資を利用したいと考える会社にとっては大きな利点となります。

ファクタリングのデメリット

売掛金などの債権があれば、簡単に資金調達が可能なファクタリングにもデメリットがあります。まずは、ファクタリングには手数料が必要なため、本来回収できる満額を得ることができない点です。特に売掛先の会社に通知することなくファクタリングを実施する場合は、貸し倒れのリスクがあるため、手数料が割高に設定されています。また、取引先の中には、ファクタリングに利用されたくないと考える会社もあるため、今後の取引に影響しないよう配慮することが大切になります。

事業資金を大阪で得るためには事業計画書が説得力のあるものでなければなりません。専門家と連携して作成することがポイントです。